虫歯を予防するチョコレート

歯科医師の発案によって誕生した「歯医者さんが作ったチョコレート」は、子供たちが大好きなチョコレートを食べながら、虫歯を楽しく予防できてしまうのです。

スポンサードリンク

「チョコを食べると、虫歯になるからダメ」と、お母さんは言われると思いますが、そのことを逆手に取り、チョコレートを食べても、虫歯を防ぐことができるようにしよう、という考えから生まれました。

チョコレートを食べて虫歯になる原因は、実は「砂糖」です。そこで、全く砂糖を使用せずに、キシリトール100%を甘味料とすることで、「虫歯が予防できるチョコレート」が実現したのです。

虫歯予防には、もちろん、しっかりと歯を磨いたり、うがいをしたり、定期的に歯科検診を行ったりすることは大切です。それにプラスして「歯医者さんが作ったチョコレート」を取り入れることで、虫歯をさらに予防するのです。このチョコは、虫歯になりにくくするのではなく、虫歯を予防するために食べるチョコレートなのです。

ゆっくりと口の中でなめているだけで、虫歯予防に有効です。また、後味が残らず、さっぱりとしているので、朝出かける前に口に入れても良いですし、寝る前になめていてもOKなのです。

「歯医者さんが作ったチョコレート」は、口の中で溶かすだけなので、まだガムを食べられない小さな子供さんや、入れ歯のためにガムを噛めない方にもおすすめです。しかも、カカオにはリラックス効果があるので、虫歯を気にせずに、ゆっくりとチョコレートをなめてください。さらに、カロリーも控えめなので、ダイエットにもおすすめです。

ちなみに、ご参考までに虫歯を気にせずにチョコレートをおいしく食べるポイントを紹介します。

1、チョコレートなどを、長時間に渡って食べないようにしましょう。だ液は、歯が少し溶けてしまっても、修復させて元に戻そうとする働きがありますが、それには時間がかかります。そのため、頻繁に間食などがあると、修復の作業が間に合わず、虫歯となるリスクは高まります。歯にも休憩させる時間が必要なのです。

2、なるべく寝る前には食べないようにしましょう。チョコレートやジュースなどの甘い物を寝る前に食べて、そのまま歯磨きをせずに寝てしまうと、大変なことになります。眠っている間、ほとんどの人がだ液の量が少なくなるので、虫歯菌によって溶かされた歯を修復できず、虫歯のリスクがさらに高まります。水で口をゆすぐだけでは、あまり効果がないので、寝る前にはしっかり歯を磨きましょう。

3、それほどチョコレートを食べる量を気にする必要はありません。チョコレートを同じ量食べるのなら、長い時間をかけてだらだらと食べるより、一度に食べて、その後、時間を空けるようにしましょう。

4、チョコレートが歯に付いたまま放置してはいけません。歯に張り付きやすいチョコレートもあるので、その場合は、飲み物などによって洗い流したり、歯ブラシでよく落としたりしておきましょう。

5、特に、寝る前に行う歯磨きは念入りにしましょう。虫歯は、夜中に作られると言われています。寝る前に行う歯磨きは大切なので、汚れをしっかりと落としてから寝るようにしてください。-----
EXCERPT:

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

チョコレートのパワー
チョコレートは、おいしいだけでなく、私たちの体にさまざまな良い効果をもたらしてく......
チョコのおいしい食べ方
チョコレートが好きなあなたは、今までチョコレートの食べ方について、考えたことがあ......
体に効くチョコレート
「チョコレートダイエット」というダイエット法を知っていますか?......
なぜバレンタイデーにはチョコ?
日本では、バレンタインデーに、愛を捧げる贈り物として、女性から男性へ、チョコレー......

▲このページのトップへ