世界のチョコレート事情

チョコレート発祥の地であるスペインの伝統的なチョコレートを、日本でも手に入れて味わうことができます。

スポンサードリンク

その中でも、特におすすめなのが、「BODEGA (ボデガ)」です。ボデガは、スペイン北西部のラコルーニャという街で、ある家族の手作りによって、身近な人たちのために配ったのが始まりだそうです。

このチョコレートは、「ダブルホイップ」という数種類のチョコレートをブレンドする製法によって作られます。そのようにして作られたチョコレートは、口説けがなめらかなのが特徴です。先祖代々受け継がれた、スペイン伝統の製法によって作られるチョコレートは、あっという間に口コミで多くの人々の評判を集めていきました。

その後、その家族はアメリカへ移住しましたが、その味はアメリカのセレブたちの間でも好評となり、カンヌ国際映画祭やアカデミー賞などといった、華やかな舞台の公式チョコレートにも選ばれています。

先祖代々伝えられた伝統を、家族で守り抜いてきたチョコレートの味は、家庭団らんの語らいの場や、恋人同士の大切な時間にピッタリです。また、このチョコレートはワインにとても合うので、甘いチョコレートが苦手な彼には、ボデガのチョコレートを小さくカットして、そっとワインに添えてみてください。それだけで、バレンタインの素敵な演出になりますよ。ちなみに、バレンタインにおすすめのスペインのワインは、「SanValentin(サン・ヴァレンティン」という甘口の白ワインです。


一方フランス人も、チョコレートがとても好きで、チョコレートだけを扱っている専門店が、パリをはじめ全国のあちこちで見られます。ショーウィンドウに美しく並べられたお菓子は、ほとんどがおいしそうなチョコレートです。そのことから、フランスの食卓には、チョコレートは欠かすことのできないものだということがわかります。

私たちがチョコレートを普段食べるのは、おやつとして少しつまむ程度が多いと思いますが、フランスでは、日本と比べものにならない程、個人の消費量が多く、食卓に頻繁に登場します。朝食には、コーヒーにチョコレートを入れ、仕事の休憩時間などに立ち寄るカフェでは、必ずエスプレッソにチョコレートが添えられます。食事のデザートには、チョコレートを使用したものが出されます。

日本にも、ケーキ屋やお菓子屋はたくさんありますが、チョコレートの専門店はめったに見ることができないと思います。ところが、フランスには、「Chocolaterie」と掲げた何百ものチョコレート専門店が軒を連ねています。そして、それぞれのチョコレート店のショコラティエが、自慢の腕を競い合っています。

毎年秋に、チョコレートだけを集めた「サロン・デュ・ショコラ」(チョコレートの見本市)が開催されており、ベルギーやイタリア、そして日本など、世界各国から集まったチョコレート専門店が、100店以上も並びます。今では、サロン・デュ・ショコラは、ニューヨークや日本、北京でも開催されており、世界的なイベントとなっています。本家のパリでは、カカオ豆の文化や、チョコレートを製造する方法などを学べたり、チョコレートによって作られたドレスや化粧品を紹介したりもしています。


メキシコでは、カカオにさまざまな種類の唐辛子やクローブ、シナモンなどのスパイス、さらに玉ねぎやトマト、ナッツ、パン、レーズンなど20種類以上もの材料を加え、混ぜ合わせて作られる「モーレ」というソースをいろいろな料理に使います。

その中でも、七面鳥や鶏肉にモーレをかけた料理は、お祭り事や結婚式の際に、なくてはならない特別料理とされています。現在では、モーレソースの既製品がスーパーで売られており、日常的に食べられる家庭料理となっています。

味は、見た目から甘いチョコレートの味を想像するかもしれませんが、食べてみると、ほろ苦くてピリッとした辛さで、赤味噌のようなねっとりとした食感です。初めて食べる人は、不思議な味わいに驚かれるかもしれませんが、そのうちにクセになってしまう味ですよ。

モーレは、お店によって、甘さを引き立たせているところや、甘さを控えてスパイスを効かしているところなど、店独自の味にこだわっています。そのため、一度だけ食べてみて、好みの味でないと思っても、別のお店でもう一度注文してみてくださいね。

それでは、手作りモーレが味わえる、おすすめのメキシコ料理店を紹介します。

新宿区四谷にある「EL ARBOL(エル・アルボル)」は、マスターがメキシコに魅了されて、15年以上前に開店したメキシコ料理の専門店です。

エル・アルボルの「モーレ」(1,580円)は、チキンやポークの上に、上品な香りのチョコレートを豊富に使用したソースをかけて食べます。チョコレートというより、デミグラスソースのような、コクのある深い味を楽しめます。

エル・アルボルの営業時間は、月~金は午前11:00~午後23:00で、土曜日は午後15:00~午後23:00です。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

チョコレートでサプライズ!
食器のセレクトショップ「i.nest アイネスト」で販売している「Miniチョコ......
チョコレートを使った手作りお菓子
バレンタインのギフトとして人気が高いのは「トリュフ」です。手作りするのは難しいの......
チョコレート専門店
香港では、ここ数年で、洗練された味とデザインのケーキショップや、有名なブランドの......
チョコレート菓子
貧困と病気に苦しめられている世界の子どもたちに、笑顔のプレゼントを届けられるチョ......
チョコレートのお菓子
チョコレートをたっぷりと使ったお菓子やチョコレートは、子供からも大人からも人気が......
犬にとって危険なチョコレート
チョコレートが大好きなあなたの犬も、チョコレートが食べたいと思っているかもしれま......
「テンパリング」とは?
簡単なテンパリング方法を紹介します。テンパリングとは、温度調節を行うことで、チョ......
チョコレートの歴史
チョコレートの発祥の地が“スペイン”であることを知っていましたか?......
世界の珍しいチョコレート
チョコレートと世界の国の名物がコラボレーションした、とっても珍しいチョコレートを......

▲このページのトップへ