チョコレートのお菓子

チョコレートをたっぷりと使ったお菓子やチョコレートは、子供からも大人からも人気があります。チョコレートを使ったお菓子やケーキにも、たくさんの種類があります。

スポンサードリンク

「ケーク・オ・ショコラ」は、チョコレートのパウンドケーキで、イギリスで誕生しました。

「ザッハ・トルテ」は、ウィーンの代表的なケーキで、あんずジャムを染み込ませたチョコレートケーキです。

「フィレナワール」は、チョコレートが練り込まれたスポンジケーキと、蒸留酒によって香り付けしたチェリーを混ぜた生クリームとを、交互に重ね合わせたケーキです。

「エクレア」は、細長く焼いたシュー生地の中に、チョコレートクリームを詰めて、シュー生地の上からチョコレートフォンダントを掛けたお菓子です。

「チョコレートマカロン」は、フランスの伝統的なお菓子の1つで、砂糖と卵白でメレンゲを作り、そこへ粉末のアーモンドとココアを混ぜ合わせた生地を焼き、その中にガナッシュチョコレートを詰めたお菓子です。

「ドラジェ」は、きれいに色付けされた砂糖とチョコレートで、アーモンドを包んだお菓子で、お祝い菓子としても用いられています。

「オランジェット」は、細切りのオレンジピールを、砂糖に漬け込んだものに、チョコレートを掛けたお菓子です。

「ホローチョコレート」は、卵の形をしたチョコレートで、中が空洞になっていて、小さなおもちゃやフィギュアなどが入っているお菓子です。一時期、日本でも流行しました。

また、チョコレートのクッキーやスナック菓子、ポテトチップスや柿の種などに、チョコレートを掛けたお菓子も人気があります。


チョコレートはお菓子だけではなく、大人の飲み物にも使えますよ。
大人の時間を演出する、チョコレートカクテルの簡単な作り方を紹介します。

カクテルに用意するお酒は、次のうち、作るカクテルによって1~2種類使用します。

「チョコレートリキュール」は、お店では「ゴディバ」を使用しているところが多いようですが、入手しにくい場合があります。大手のスーパーなどで購入するのなら「モーツァルト」がおすすめです。アルコール度数は17度です。モーツァルトのホワイトチョコレート(アルコール度数15度)もあります。

「ウォッカ」は、たくさんの種類がありますが、最もポピュラーなのは「スミノフ」です。アルコール度数は40度です。「ジン」にも、さまざまな種類がありますが、人気の高いのは「ボンベイ・サファイア」です。アルコール度数は47度です。

「チョコレート・マティーニ」の作り方は、氷を入れたミキシンググラスに、チョコレートリキュール30mlとジンかウォッカ30mlを入れて、かき混ぜてグラスに注ぎます。ジンとウォッカとでは、風味が違ってくるので、好みの方を使ってください。ジンベースにすると辛口になり、ウォッカベースにするとマイルドな風味になります。

チョコレート・マティーニは、シェイクして作る方法もあります。その場合は、シェイカーに氷を入れて、材料を入れたらよく振ってください。シェイクするとよく冷やされ、甘さが抑えられるために、クールな風味に仕上がります。また、「ゴディバ」を使用すると、透明感のあるチョコレート・マティーニになります。ホワイトチョコレートリキュールを使用すれば、白いマティーニに仕上がります。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

チョコレートでサプライズ!
食器のセレクトショップ「i.nest アイネスト」で販売している「Miniチョコ......
チョコレートを使った手作りお菓子
バレンタインのギフトとして人気が高いのは「トリュフ」です。手作りするのは難しいの......
チョコレート専門店
香港では、ここ数年で、洗練された味とデザインのケーキショップや、有名なブランドの......
チョコレート菓子
貧困と病気に苦しめられている世界の子どもたちに、笑顔のプレゼントを届けられるチョ......
世界のチョコレート事情
チョコレート発祥の地であるスペインの伝統的なチョコレートを、日本でも手に入れて味......
犬にとって危険なチョコレート
チョコレートが大好きなあなたの犬も、チョコレートが食べたいと思っているかもしれま......
「テンパリング」とは?
簡単なテンパリング方法を紹介します。テンパリングとは、温度調節を行うことで、チョ......
チョコレートの歴史
チョコレートの発祥の地が“スペイン”であることを知っていましたか?......
世界の珍しいチョコレート
チョコレートと世界の国の名物がコラボレーションした、とっても珍しいチョコレートを......

▲このページのトップへ