チョコのおいしい食べ方

チョコレートが好きなあなたは、今までチョコレートの食べ方について、考えたことがありますか?大好きなチョコレートを、よりおいしく食べられる方法があるのなら、知りたいですよね。-----
EXTENDED BODY:
それでは、チョコレートをおいしく楽しむポイントを紹介します。

スポンサードリンク

まず、チョコレートの賞味期限についてです。チョコレートの持つ独特の香りやなめらかさは、袋などを開封してなくても、日が経てば経つほど、品質が劣っていきます。また、開封してからは、劣化のスピードはさらに速まります。一般的に、チョコレートは水分があまり含まれていないので、カビの心配はありませんが、作りたての風味を楽しむためにも、市販のものは賞味期限内に、手作りのもの早めに食べるようにしましょう。

次は、チョコレートの保存方法です。チョコレートは、高温に非常に弱い食品です。高温の場所にチョコレートを放置しておいたら、表面が白っぽくなってしまったことがあるかもしれません。これは「ファットブルーム」と言われる現象によるものです。また、冷やしておいたチョコレートを、温かい場所に急に移すと、結露のような水滴が付きます。そして、砂糖の結晶が固まり「シュガーブルーム」と言われる現象が起こります。食べても害は全くありませんが、ブルーム現象が起こると、チョコレートの風味が損なわれてしまいます。

また、冷蔵庫に保存しておいたチョコレートを、よりおいしく食べるためには、冷蔵庫から出してすぐ食べるのではなく、室温に少しだけ戻してから食べましょう。そうすることで、いっそうカカオの香りが引き立ちます。

ところで、チョコレートに関するうわさを、よく耳にしたことがあると思いますが、そのほとんどが誤解です。

「チョコレートを食べ過ぎると、鼻血が出る。」ということを聞いたことがかもしれませんが、チョコレートと鼻血には、医学的に関係がないことが証明されています。このようなうわさが広まった理由は、チョコレートの栄養価の高さから、食べ過ぎるとエネルギーが溜まり、鼻血が出るかもしれない、と勘違いされたからだそうです。また、昔は、チョコレートはかなり高価な食べ物だったので、おねだりをする子どもを言いくるめるために、考え出されたという説もあります。

「チョレートを食べると、にきびが出る。」といううわさもあります。にきびは、毛穴に皮脂腺の脂が詰まり、そこで細菌が繁殖することによりできます。思春期ににきびができやすいのは、ホルモンバランスが乱れやすくなっているからです。また、体調を崩している時や、肌が清潔に保たれていない時にもできます。研究からも、にきびとチョコレートには関係がないことが証明されています。また、アメリカの政府機関である食品医薬品局でも、食品とにきびの関係には根拠がない、という科学的な見解を示しています。

また、チョコレートに含まれるカフェインは、子供に影響を与えないのか、と疑問をもった人もいるかもしれません。チョコレートに含まるカフェインは微量なので、心配いりません。板チョコ50gに含まれるカフェインは、コーヒー1杯のたった30分の1程度です。心配な人は、ブラックチョコレートよりも、マイルドなミルクチョコレートを選びましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

虫歯を予防するチョコレート
歯科医師の発案によって誕生した「歯医者さんが作ったチョコレート」は、子供たちが大......
チョコレートのパワー
チョコレートは、おいしいだけでなく、私たちの体にさまざまな良い効果をもたらしてく......
体に効くチョコレート
「チョコレートダイエット」というダイエット法を知っていますか?......
なぜバレンタイデーにはチョコ?
日本では、バレンタインデーに、愛を捧げる贈り物として、女性から男性へ、チョコレー......

▲このページのトップへ