犬にとって危険なチョコレート

チョコレートが大好きなあなたの犬も、チョコレートが食べたいと思っているかもしれません。ところが、どんなに食べたそうな顔をしていても、犬には決してチョコレートを与えてはいけません。

スポンサードリンク

チョコレートには、「テオブロミン」という物質が含まれており、これは犬に限ったことではなく、ほとんどの動物にとって、刺激物となる大変危険な物質です。動物がテオブロミンを摂取すると、毒にむしばまれたり、最悪の場合死に至ったりすることもあるそうです。

テオブロミンは、カフェインと科学的に似ています。人間に対しては、全く害はないのですが、犬のように多種の動物は、テオブロミンの代謝を促す酵素が不足しています。そのために、チョコレートを食べてしまうと、刺激が強過ぎるので、身体に悪影響を及ぼす危険性があるのです。また、テオブロミンを過剰に摂取すると、けいれんや発作が起こることもあります。

また、猫にとっても、テオブロミンは危険な物質なのですが、猫の場合は、食習慣が整っていないので、犬ほど危険ではないようです。猫は、自分の食べる食事を見分けるので、一度に大量のチョコレートを摂取してしまうことはないのです。

もし、あなたの大切なわんちゃんが、大量にチョコレートを飲み込んでしまった場合は、かかりつけの獣医師にすぐに相談してください。自分がチョコレートが大好きだから、かわいいわんちゃんにも、その幸せを共感させたいという気持ちもわかりますが、ペットの健康のことを一番に考えれば、チョコレートは与えないようにしましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

チョコレートでサプライズ!
食器のセレクトショップ「i.nest アイネスト」で販売している「Miniチョコ......
チョコレートを使った手作りお菓子
バレンタインのギフトとして人気が高いのは「トリュフ」です。手作りするのは難しいの......
チョコレート専門店
香港では、ここ数年で、洗練された味とデザインのケーキショップや、有名なブランドの......
チョコレート菓子
貧困と病気に苦しめられている世界の子どもたちに、笑顔のプレゼントを届けられるチョ......
世界のチョコレート事情
チョコレート発祥の地であるスペインの伝統的なチョコレートを、日本でも手に入れて味......
チョコレートのお菓子
チョコレートをたっぷりと使ったお菓子やチョコレートは、子供からも大人からも人気が......
「テンパリング」とは?
簡単なテンパリング方法を紹介します。テンパリングとは、温度調節を行うことで、チョ......
チョコレートの歴史
チョコレートの発祥の地が“スペイン”であることを知っていましたか?......
世界の珍しいチョコレート
チョコレートと世界の国の名物がコラボレーションした、とっても珍しいチョコレートを......

▲このページのトップへ