なぜバレンタイデーにはチョコ?

日本では、バレンタインデーに、愛を捧げる贈り物として、女性から男性へ、チョコレートを贈るのが習慣となっていますが、現在のよう形式になったのは、昭和30年代に入ってからだそうです。それでは、日本におけるバレンタインデーのルーツと言われるエピソードを紹介します。

スポンサードリンク

・1958年2月に、メリーチョコレート会社は、新宿と伊勢丹の売り場に、手書きで「バレンタインセール」という看板を出しました。しかし、セールの3日間で売ることができたのは、1枚30円の板チョコ5枚と、1枚4円のカード5枚だけだったそうです。

・そして、翌年にはハート型のチョコレートを作りました。また、その頃には、「女性から男性へ」という表現を強調しました。

・日本におけるバレンタインデー発祥地が、「神戸」だと分かったからことから、1992年、神戸市に、聖バレンタイン殉教の地であるイタリア・テルニ市から、「愛の像」が贈呈されました。

・神戸にあるチョコレート会社の「モロゾフ」は、1936年2月12日に、神戸で発行された英字新聞に、バレンタインデーのためのチョコレートの広告を出しています。

その後、バレンタイデーはどんどん盛んになっていきます。

昭和30年代後半には、積極的にバレンタインデーを売り出すようになってきました。森永製菓では、1960年に、新聞広告などマスコミを通じて、バレンタイン企画を行なって、チョコレートの販売を促しました。

また、バレンタイデー用のチョコレートを買った人を、劇場へ招待したり、当時とても貴重であった腕時計を景品としてプレゼントとしたりする新聞広告も登場しました。

そして、この時期には、各社がハート型のチョコレートを発売し、「バレンタイデーにはチョコレートを」という販売戦略を進めていきました。昭和40年代末~50年代、徐々に女性の心を捉えてさらに盛り上がり、現在のような恒例行事となったのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

虫歯を予防するチョコレート
歯科医師の発案によって誕生した「歯医者さんが作ったチョコレート」は、子供たちが大......
チョコレートのパワー
チョコレートは、おいしいだけでなく、私たちの体にさまざまな良い効果をもたらしてく......
チョコのおいしい食べ方
チョコレートが好きなあなたは、今までチョコレートの食べ方について、考えたことがあ......
体に効くチョコレート
「チョコレートダイエット」というダイエット法を知っていますか?......

▲このページのトップへ